『PHP逆引きレシピ』書評、林 亮さま(株式会社 SPaiS)

林 亮さま(株式会社 SPaiS)より、書評をいただきました。ありがとうございます。

「直接的な関数の組み合わせでプログラムを”組み立てる”」という PHP のスタンスにおいて最も重要なのは「目的に応じた答えを知る事」であると言えます。そのような視点から見ると本書はこれ以上ないほどに”実践的”です。
目的に対する方法を引く事ができ、その方法に関連する他の方法に対してもインデクシングされているばかりか、PHP バージョンごとの差異やメジャーなレンタルサーバに依存する問題なども詳解されているため、本書とパソコンと「ウェブアプリを作りたい」という目的意識さえあれば作れてしまう程です。

それだけに留まらずセキュリティに関しての広範な対策方法や、PHP で書かれたオープンソースソフトウェアの基本的な利用法も解説されており、さらには PDF、画像、グラフなどの生成方法といった「PHP をベースとしたシステムの利用」についても言及されているため、これはもう「答えのフルコース」だと言えるでしょう。

しかしながら残念な点もいくつかあります。
@ によるエラー抑制に始まり、参照渡しを「混乱しやすいから」という乱暴な理由で推奨していなかったり === ではなく == での評価がほとんどだったりと、初心者向けだからこそ肌感覚で培って欲しい「PHP のだめなところ」に関する言及がとても少なく、本書だけで学べてしまうが故に、本書だけを参照してコーディングしていると早い段階で「あれ?なんでこうなるの?」と戸惑う場面に出くわすでしょう。
特に、セオリーとされている mb_strlen() や htmlspecialchars() に文字コードを渡す事が書かれていない点は大きな穴です。

しかし本書は数多く出版されている PHP 本の中でも「決定版」と言えるほど完成しており、PHP での開発を生業とする企業ならば新入社員用の教科書として必携の一冊であると言えるでしょう。

kenji posted at 2009-8-7 Category: 書評

Trackback URL