『PHP逆引きレシピ』書評、大橋猛さま

大橋猛さまより、書評をいただきました。ありがとうございます。

実は私はPHP言語よりもRuby言語の方が好きで、Rubyを好んで使いWebアプリケーションをつくる仕事をしています。

しかし実のところWebアプリケーションはRuby言語よりPHPの方が良く使われていて、XOOPS, MODx, OpenPNE, WordPress, Moodleなどの有名なWebアプリケーションはPHPで作られていることが多いです。世の趨勢には逆らえず、私もPHPをときおり使って開発したり、上記のアプリケーションをカスタマイズしています。RubyとPHPは、JavaやCに比べれば、とても近い言語だと思います。どちらもスクリプト言語ですし、手軽に扱うことができます。ただその似ているところが、かえって混乱を招きやすく、しょっちゅう文法エラーを起こして、つまらないところでバグを生み出すことが多くなります。

そのときは、うろ覚えの知識を使ってググって、ヒントやサンプルを探して解決を探ります。
しかしせっかく見つけた答えも、実行環境が異なったりPHPのバージョンが異なると必ずしもうまくいきません。そのときにこの本のように広く網羅されていながら、ときには掘り下げて書かれている本は役に立ちます。この本は、いつも陥りそうな間違いに先に手を回してくれます。こうした便利な本はこれまであまりありませんでした。
0から学ぶ方にとっては別の入門書の方がいいかもしれませんが、ある程度知っていながら知識や経験に欠けている私としてはこの本がベストな本です。これまでもPHP言語に関する本はたくさん持っていましたが、他のものは書棚から処分してこれ1冊ですみそうです。

また、xreaとsakuraなどのレンタルサーバーに触れているのもいいですね。他の本にはこのような具体的な事例はありません。これらのレンタルサーバーは安価ですが信頼できるサーバーです。自分が使っていたりお客さまのために設置しています。
しかし、それぞれ異なった癖があります。これらのレンタルサーバーでアプリケーションを動かすためには、ただ環境を構築するだけでなく、この本に書かれているような裏技を駆使しないと動かないことがあります。他のレンタルサーバーでも役に立つし、他のRubyなどの言語でも役立つと思います。

この本があれば、PHPを使っての開発に際して他の本は要りません。ただ本が厚く重いので出張するときに持っていけないのが辛いです。願わくば、WebかPDFでもこの本の内容が見れるといいなと思います。

kenji posted at 2009-9-16 Category: 書評

Trackback URL